毛玉について

今日は、少し毛玉についてMahalo的な考えをお伝えしておこうと思います。


長毛種のマルチーズを長年ブリーディーングして来て、それはそれはあのフルコートを保つためにグルーミング剤からこだわり、シャンプーの仕方。ブローの仕方。そして何よりピンブラシ&スリッカー&コームの使い方これが、被毛を育て上げるのにはとても重要で、毎日ペーパーをほどき被毛を切らすことのないように、ダメージを与えないようにお勉強をしました。


今は、ビションの被毛に探求心を持って一頭一頭使うグルーミング剤を変え、コンデショナーの種類をわけグルーミングしています。
トップコートをパピーのときからしっかり育て、アンダーコートの生えそろうころまでには不思議と毛玉になりやすい時期がビションにはあります。

マルチーズはシングルですが不思議と成長がストップする8ヶ月過ぎころから、もつれ絡みやすくなります。
ここからが大変です。
脇や、内股。できやすいです。
お散歩で油断すると、どんどんつくっていきます。手汗。たんぱく同士でもつれます。
一度、大毛玉をつくり、全身きりたんぽのようにマットな毛玉をつくってしまうと、どんなことをしてもまた、一週間もするとでき始めます。

なんで?

それは、毛玉を解そうと被毛にスリッカーでダメージを与えてしまっているからです。ドライヤーの熱などでもダメージは起こります。多少なり、擦過傷を作ってしまうと、気にしてすりごろぺろぺろしたり。

人間もそうですよね。一本の毛を爪で引っ搔いてみると、キューティクルを逆立てクルクルっとなります。

その毛は、時間とともに枝毛・切れ毛になります。だから、一度リセットして丸刈りにするか、丸刈りは嫌なので、どうにか毛玉をほぐし(費用は掛かります)短いスパンで被毛のメンテをするどちらかを選ばなければなりません。
でも、丸刈りにしてもまた同じことをくり返すのであればビションカットを諦めるしかありません。
どんなに気を付けていても、わんちゃん自身にも、多少なり負担をかけます。
飼主も、それ相当の費用の負担がかかります。

Mahaloでは、ベイシングシャンプーは基本2度から3度洗いをします。

一度目も、二度目も、三度目の子もシャンプーを替えます
(激汚れでも、別途料金はいただきません。)
そして、トリートメントコンディショナーをしっかり被毛に入り込ませてブローをします。(リッチなトリートメントですが、別途料金はいただきません目には見えませんが、多分。そう信じてです)
ビションは、皆同じ被毛の感じではありません。
生れ待って、ハリコシのある子。ふわっふわな子。しっとり脂っぽい子。ねこっ毛な子などなど。だから、しっかりハサミを使い被毛を管理していかないと大変です。
(Mahaloではクリッパー・バリカンを使用は推奨しません。というか、使いません)

毛玉ですが、一部耳裏にイアリングくらいなら500円。四肢にびっちりあれば2000円。ラフやボディーの一部まであれば3000円。アフロやチーク顎下・胸や、全体になれば4~5000円~?いただきます。Mahaloは毛玉に厳しいです。すみませんが。多少あっても、ブロー中に解かせるようなものであれば目をつぶります。
Mahaloのビション族もマルチーズ族も、そりゃ毛玉なります。バターになるくらい絡んではしゃいで遊びますから。
なるべく早めにでき始めのうちにシャンプーをしてあげないと、毛玉で皮膚が引っ張られる感じから、また、ポリポリカリカリと毛玉を育ててしまいます。いくら、解いても大毛玉の場合は形状記憶のように、翌日には毛玉になってしまいます。早めに、プロに預けメンテナンスを始めたほうがいいと思います。
引っかかると、悲鳴をあげます。ごめんね~~。と謝ります。じーっと辛抱強く解かせてくれる子もいます。ありがとうね~~。噛みつこうとする子もいます。嫌だよね~~。でも、嚙まれたら仕事にならなくなるんだよ。毎度毛玉になってしまう子は、美容室はなことをされるところ!っと、思われないように明るく喜んできてもらえるように接していこうと心がけています。

ポチっと1クリックお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

by jardenmahalo | 2017-08-31 16:37 | Mahalo diary

ドックサロン マハロ 東京都中野区中央5-30-9 TEL:03-6382-7390(要予約) パピーからシニア犬までライフスタイルをトータルに携わりbeautyアドバイザーとして、お役に立てればと考えております。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30